シミのケア

0 Comments

ゲームのリモコンを持っている手

自動的に生成された説明

シミのない美肌のためには?

エイジングケア世代だけではなく、幅広い年代の女性にとっての深刻な肌悩みといえば、顔に現れてくるシミではないでしょうか。

シミがあると、お肌の透明感がなくなり、くすんで見えてしまいます。

また、老けて見られるなど、顔の印象を大きく変えてしまいます。

特に、美白への関心・意識が高まっている昨今では、シミのない明るく若々しい素肌は多くの女性の憧れですね。

では、できるだけシミができないように予防したり、気になるシミを改善したい場合には、どのようにしてケアをすれば良いのでしょうか。

この記事では、エイジングケア化粧品ナールスコムの「シミの種類・原因と予防のスキンケアやエイジングケアから治療」を参考に、シミの種類と症状や原因をはじめ、スキンケアやエイジングケアのポイント、美白化粧品による予防や改善の対策、美容医療による治療についてご紹介します。

そもそもシミって?

シミとは、主に皮膚の表皮の中でメラニンが色素沈着したものです。

一口にシミといってもそれぞれ症状や原因が異なりますが、多くの場合は紫外線ダメージが悪影響を与えます。

お肌は紫外線を受けると、表皮細胞からエンドリセンなどの情報伝達物質が分泌されます。

これが皮膚内部のメラニン生産工場であるメラノサイト(色素細胞)に届くと、メラノサイトが活性化してメラニン色素(黒色メラニン)が過剰に生成されてしまいます。

メラノサイトでつくられたメラニン色素は、表皮細胞へと徐々に受け渡されていき、ターンオーバーによって皮膚の表面(角層)に押し出されます。

そして、その後垢とともに剥がれ落ちるため、お肌の色は一定に保たれているのです。

この一連のメカニズムは、お肌を紫外線から守るためのものであって、お肌が正常にはたらいているといえます。

しかし、年齢とともに紫外線ダメージが蓄積すると、メラニンが過剰につくり続けられるようになり、またターンオーバーも乱れがちになってしまいます。

すると、メラニンは排出されずにお肌に残り、シミとなってしまうのです。

シミの種類は6種類

シミは、細かく分けると6種類あります。

シミで最も多いのは、紫外線ダメージの蓄積でできる老人性色素斑ですが、 子供の頃でも目立つ雀卵斑(そばかす)やホルモンバランスの影響を受ける肝斑などがあり、特徴が異なります。

また、シミが1種類だけ現れるのではなく、いくつかの種類のシミが同時に現れることもあります。

老人性色素斑

シミといえば、多くの場合、老人性色素斑のことを指します。
日光黒子、日光性色素斑、日光性黒子とも呼ばれます。

症状としては、数mm程度の丸い色素斑で、顔の骨格の高いところにできやすく、最初は薄い茶色ですが、だんだん黒っぽくなり、シミの境界がはっきりしてくるのが特徴です。

雀卵斑(そばかす)

雀卵斑(そばかす)は、目の周りや頬などに多く現れる小さな茶色の斑点です。

多くの場合は遺伝性で、子供の頃から発生し、思春期により目立つことが多いです。また、色白の人に多く、一般的なシミよりも小さく、目や鼻の周り、頬に現れやすいことが特徴です。

肝斑

肝斑は、女性ホルモンのバランスの影響などにより、主に30代後半〜40代以降の女性に多く見られるシミです。

肝斑は、慢性の炎症性のシミで、メラニンが活発に生成されている状態と考えられています。

頬骨のあたりを中心に、額や口の周辺などに左右対称で現れますが、輪郭がはっきりせず、薄い褐色のシミが広範囲に現れるのが特徴です。

炎症性色素沈着

炎症性色素沈着は、ニキビや傷、肌荒れなどで皮膚が炎症を起こし、その後色素沈着してシミになったもので、PIH(Post-Inflammatory Hyperpigmentation)とも呼ばれます。
虫刺され、やけどや外傷、シミ取りレーザーの施術によるダメージなどで目立ちますが、紫外線は関係していません。

炎症を起こした痕がシミとなって残るため、形や色など症状はさまざまです。

脂漏性角化症

脂漏性角化症は、シミがイボのように盛り上がってきたものです。
その本態は老人性色素斑と同じで、2つをあわせてSK(Seborrheic Keratosis)とも呼ばれます。

また、老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)、年寄りイボ、出っ張りジミなどとも呼ばれ、イボの表面はザラザラ、ボツボツして膨らみを持っているのが特徴です。

後天性真皮メラノサイトーシス

後天性真皮メラノサイトーシスは、真皮内にメラニンが増えて目立つシミです。
ADM(Acquired Dermal Melanocytosis)や遅発性太田母斑様色素班とも呼ばれています。
ADMはシミではなく、アザの一種と考えられています。

1〜3mm程度の大きさのシミがまとまって現れるのが特徴で、色は灰色、灰褐色、茶褐色、濃褐色などさまざまです。

シミができる原因とは?

① メラニンの過剰な産生

皮膚の表皮の奥の基底層には、メラノサイト(色素細胞)があります。
メラノサイトは、メラニンをつくる細胞です。
また、表皮には、ケラチノサイトと呼ばれる細胞があります。
紫外線ダメージや物理的なダメージ、精神的なストレスを受けると活性酸素が発生します。
それが増えると、ケラチノサイトは肌を守ろうとして、メラノサイトに対してメラニン色素を生成するように指令を出します。
そうすると、チロシナーゼという酵素が活発になってメラニン色素ができます。

本来、メラニンは肌のダメージを守るもので、ダメージがそれほど大きくなければ、肌のターンオーバーで排泄されます。

しかし、紫外線ダメージが大きかったり、蓄積するとメラニンが常につくられる状態となってしまいます。
つまり、メラニンが過剰な状態になってしまうのです。

これがシミのできるメカニズムの第一歩です。

② ターンオーバーの乱れによるメラニンの蓄積

加齢やそのほかの問題で、肌のターンオーバーが遅れることがあります。

たとえば、紫外線ダメージもその1つです。
また、バランスの良くない食生活や睡眠不足など、不規則な生活もターンオーバーが遅くなる原因です。

20代ならターンオーバーの周期は1カ月程度ですが、40代、50代のエイジングケア世代になると45日〜60日程度になります。
ターンオーバーが遅くなるとメラニンを肌の外へ出す力が衰え、肌内部に蓄積されます。
つまり、シミが目立ちやすくなるのです。

このようにシミは、紫外線を中心とする肌へのダメージによってメラニンが過剰にでき、それがターンオーバーの遅れで肌の外へ排出できないことが原因です。

シミを予防するためには

まずは、基本のスキンケアやエイジングケアをしっかりと行なうことが大切です。

◎紫外線対策
老人性色素斑や脂漏性角化症の原因は紫外線です。また、肝斑や雀卵斑、炎症後色素沈着も紫外線によって悪化します。
だから、紫外線対策をしっかり行うことでほとんどのシミを予防したり、進行を防ぐことができるのです。
手段としては、日焼け止め、帽子、UVカットサングラスなどがあるので、それらを上手に組み合わせましょう。

◎保湿ケア
隠れシミをはじめ、まだ目立たないうちに肌の外へメラニンを排出するために、常にターンオーバーの正常化を心がけましょう。
また、ターンオーバーの正常化のためにはバリア機能を守ることも大切です。
そのために、しっかり保湿ケアを行いましょう。

◎美白化粧品
美白化粧品とは、「日焼けによるシミ・ソバカスを防ぐ」という効能を持つ医薬部外品です。
できてしまったシミを消すことはできませんが、予防には有効です。
アルブチン、カモミラET、トラネキサム酸、ビタミンC誘導体、ナイアシンアミド、プラセンタエキスなどが美白成分です。

◎機能性の高いエイジングケア化粧品
最近では、ターンオーバーの正常化をサポートするなど、機能性の高いエイジングケア化粧品成分が登場しています。
ヒト幹細胞培養液、プラセンタエキス、EGFやFGFなどの成長因子を含むペプチド、レチノール、ナイアシンアミドなどがターンオーバーの正常化におすすめの成分です。

◎正しいクレンジングと洗顔
摩擦の大きな洗顔やクレンジングは炎症を起こすリスクがあるので、炎症後色素沈着のリスクになります。また、今あるシミを悪化させるリスクにも。
だから、シミを予防するために優しい洗顔やクレンジングが大切です。

このほか、質の高い睡眠やバランスの取れた食事など、日常生活にも気をつけてターンオーバーの正常化を心がけましょう。

美容治療でのシミ治療が有効

美容皮膚科や美容クリニックなどで受けることができるシミの治療には、たくさんのバリエーションがあります。
シミの種類によって、適切な治療法が異なるので、正しい診断を受けることが大切です。

そのためには、シミの治療経験が豊富なクリニックを選びましょう。

シミの治療には次の方法があります。

◆トラネキサム酸の内服・外用

◆光治療

◆シミ取りレーザーのスポット照射

◆レーザートーニング

◆炭酸ガスレーザー

◆ケミカルピーリング

まとめ

シミの症状や主な種類、特徴、原因、スキンケアやエイジングケアによる予防や改善の対策、また美容医療による治療など、幅広くご紹介しました。

シミが目立ってしまうと、スキンケアやエイジングケア、美白化粧品では消すことはできません。
だからこそ、紫外線対策を中心に予防することが大切です。

また、目立ってしまった場合には美容医療に頼るのも良い方法です。

この記事「シミのケア」を参考に、日頃からシミの予防に努め、ご自身のシミにあった改善策を見つけていただければ幸いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Related Posts